最初に読んでください

DTM音源で製作されたオリジナル音楽のMIDIとWMAを掲載し、WAVE録音やWMAへの変換、Webへの配信方法などを解説。

TopPage > Home > 最初に読んでください


サイトテーマなどに付いて
自分がWebにホームページを公開するに為に行った事や学んだ事を少しずつまとめ上げ、その過程で知り得た情報を公開し、 各ページのコンテンツを作っています。

元々趣味がDTMでオリジナル曲を作る事でしたのでMIDIデータ自体は既にコンテンツとして持っていました、 ただMIDIファイルだけでは同じ音源を持つ人以外ほとんど自分の意図した音で聴いてもらえない訳ですので、 音声圧縮ファイルをWebに公開する必要に迫られたのです。

つまり自分がWebにホームページを公開する過程そのものが、MIDI音源からのWAVE録音だったり、 WAVファイルを圧縮してWMAファイルに変換する方法や、 MIDIやWMAをホームページに掲載する方法などになり、 それぞれに付加情報や仕事上の知識を追記した物になっています。

早い話が、初心者向けの解説を行ったページが多いわけですので、なるべく判り易い説明をしたいと思っています。 ただし、文章を書く事は大の苦手ですので、読む場合は多少の覚悟が必要かと思われます。

掲載音楽の内容など
掲載されている曲はすべてYAMAHAのDTM音源MU2000で製作しました。
MU2000内臓のサンプラー機能は使用していません。いつか使って見たいのですがネタがなかなか...

MIDIデータは音源固有の音色を使ったり16パートを超えた曲も有りMIDIデータを正しく聴ける環境の方は限られる と思われますので、現在普及しているWindows Media Playerで聴く事の出来るWMA形式のオーディオファイルを用意しました。
特定のプラグイン等のロード要求なども行いませんのでご自由にお手持ちのプレーヤーソフトで再生してください。

容量の関係で現在はWMAファイル(MP3と同じ圧縮オーディオ)32Kbpsと64Kbpsの掲載になります。 コンピュータを買った時に付属しているおまけ程度のスピーカーで聴く分にはたいして問題は有りませんが、 ヘッドホンや高級なスピーカーで聴くと音質の悪さが目立ちますが仕方有りません。
通信速度に余裕のある方は64KbpsのWMAファイルをお聴きください。 MP3の同じ圧縮率よりは綺麗に聴こえるはずです。
(現在Web人口の増える時間帯では再生が途切れてしまうかもしれません) メディアエンコーダの説明よると32KbpsのWMAファイルは下記の条件を対象としているようです
「ダイアルアップモデム用オーディオ(56KBps ステレオ)ダイヤルアップ モデム接続 (56 Kbps 以上) を使用するクライアントを対象とします」

音楽の利用に付いて
当ホームページの音楽はフリー素材では有りませんので無断転載や再配布は禁止にしています。
GMと明記して有る物以外のMIDIデータは音源固有の音色や機能を多用していますので特定の音源でしか正しく聴けません。 またBGM用にも作られていません。
このような訳でMIDIファイルと共に手間のかかるオーディオファイルを掲載しています。
どうか作者が意図した音で正しく聴いてもらえないのが辛い事であるのをご理解ください。
ただし、GM曲(ほとんど有りません)に限り事前にお申し出いただければ個別に検討させて頂きます。
MIDIデータ等の改変は一切お断り致します。個人で楽しむ範囲内のみでお願い致します。

掲載内容について
決して悪意などは有りませんが、掲載内容に誤りが在る場合も御座います事をご了承ください。
もし誤り等に気付かれました場合はぜひ御一報ください。ありがたく受け賜ります。

リンクに付いて
このホームページへのリンクは音楽ファイルへの直リンク以外自由です。
詳しくはリンク集へ記載してあります。

連絡先
お気軽にどうぞ。
メール
Home Top

Copyright (C) ねこあっち池, All rights reserved.