WMAやMIDIをBGMで演奏させる方法

bgsound タグを使ってホームページ上でWMAやMIDIなどの音楽ファイルをBGMで演奏させる方法。


WMAやMIDIをBGMで演奏させたい
このページではWMAファイルをBGMに使っています。
演奏が始まるまでどのくらい時間が掛かりましたか?
「すぐ音出たよ〜」
そうですか、それは以前にこの曲の演奏をさせた時のキャッシュが
Temporary Internet Files に残っている為です。
ファイルサイズ857KBytで32KbpsのWMAファイルを使っていますので、 夜のインターネット回線の込み合った時間帯では演奏開始までの待ち時間が長くなります。

すべてダウンロードした上での再生になりますので、途中で演奏が止まってしまう心配は有りませんが、 この方法でBGMを演奏できるのはブラウザにIE(InternetExplorer)3以降を利用している場合に限られます、 他のブラウザでは無視されます。
方法は簡単です、<bgsound>と言うタグを<head>〜</head>間に埋め込むだけです。

<head>
<title>BGMとして演奏させる</title>
<bgsound src="PATH/Name.wma" loop="1">
</head>

MIDIの場合も同じでファイルの拡張子がwmaからmid変わるだけです。

<bgsound src="PATH/Name.mid" loop="1">


実際の所<bgsound>タグで利用できる事になっているサウンドファイル形式は
WAV(.wav) AU(.au) MIDI(.mid) AIFF(.aif)です。
この中にWMA(.wma)は含まれていません、 とりあえずブラウザがIEだとWMAでもBGMに「使えるかもしれない」と言った程度で何の保障も有りません。
試しにメタファイルwaxから呼び出すように書き換えて行ってみましたが、この方法は再生されず、使えませんでした。
IEが対応していると言うだけで<embed>タグを利用する場合と同じくHTMLの記述としてはルール違反です。
実際の所InternetExplorer利用者には<bgsound>タグでBGMを再生できる環境の人も大勢いる事も事実だとは思いますが...

BGMにする場合の問題は演奏が突然始まる事と聴く側で止められない事ですです、これは結構嫌っている人がいます、 他の問題はプラグインにする場合とほぼ同じです。
解決法は、フレームを確保しておき訪問者がBGMページのリンクをクリックした時にフレーム枠に埋め込むようにします。
又演奏を途中で止める事もできるように、空ページをフレームに埋め込む為のリンクも作ったほうが良いでしょう。



Web検索でいきなりこのページに入って来られた方は下記のリンクをご利用ください。

このページのリンク元はWMA,MIDIをホームページに掲載する方法です。