WAVをWMA圧縮変換、比較試聴

WAVE(WAVファイル)をWMAオーディオ形式へ圧縮変換、WMA MP3のビットレートによる違いを比較試聴。

TopPage > Home > WAV to WMA 変換方法 > WMA MP3のビットレートによる比較試聴

WMA MP3のビットレートによる音質変化を比較試聴


WMA MP3のビットレートによる比較試聴
圧縮系のオーディオ変換で一番不自然に成り易いのは、パーカッション系などの立ち上がりが早く、 高域成分がどこまでも伸びている音のようです。
圧縮率を上げると音質劣化するのは当然ですが、どんな感じになるのか試しにサンプルを作って みましたので比較試聴してください。

WMAへの圧縮変換に使用したツールは  Program Files - D.Takeuchi's Web Page さんの『 WMA Encoder R4 』 (フリーウエア)です。 (現在配布中止)
自分の曲の一部で恐縮ですがドラムソロの所を利用したサンプルです。

元になったWAVファイルも載せたい所ですがサーバー上の容量が足りませんので、 WAVファイルと比較しても、注意して聴かなければあまり区別の付かないWMA圧縮ファイルの 128 Kbpsを基準にして聴いてください。
元々の音がMIDIデータをDTM音源(YAMAHA MU2000)で鳴らした音ですから128 KbpsのWMAに圧縮変換しても、ひどく違うと言う事は無いようです。

元のWAVファイル
ファイル サイズ 1.43 MB  1150KB(1,209,856 バイト)
 PCM,44,100 kHz, 16 ビット, ステレオ 8.448秒

WMA 128Kbps
ファイル サイズ 141KB 帯域幅128.6Kbps WAVファイルの約1/10に圧縮
WMA V8 128 kbps, 44 kHz, stereo 

エンコーダの説明よると
CD音質のオーディオ
高速なインターネット接続および LAN 接続を使用するクライアントを対象として使用します。  ローカル ディスク上での再生にも適しています。 CD 音質のオーディオ コンテンツを符号化します。

WMA 96Kbps
ファイル サイズ 107KB 帯域幅96.6Kbps WAVファイルの約1/13に圧縮
WMA V8 96 kbps, 44 kHz, stereo 

エンコーダの説明よると
CD音質のオーディオ
高速なインターネット接続および LAN 接続を使用するクライアントを対象として使用します。  ローカル ディスク上での再生にも適しています。  CD 相当音質のステレオ オーディオ コンテンツを符号化します。

WMA 64Kbps
ファイル サイズ 72KB 帯域幅64.6Kbps WAVファイルの約1/20に圧縮
WMA V8 64 kbps, 44 kHz, stereo 

エンコーダの説明よると
ラジオ、音楽、その他一般のオーディオ コンテンツに使用します。
ローカル ディスク上での再生にも適しています。 準 CD 音質のオーディオを符号化します。  二重チャンネルの ISDN 以上の接続を使用したクライアントを対象とします。

WMA 48Kbps
ファイル サイズ 59KB 帯域幅48.6Kbps WAVファイルの約1/24に圧縮
WMA V8 48 kbps, 44 kHz, stereo

ファイル サイズ 56KB 帯域幅48.6Kbps WAVファイルの約1/25に圧縮
WMA V8 48 kbps, 32 kHz, stereo

エンコーダの説明よると
単一チャンネルISDN用オーディオ(64KBps ステレオ)
ラジオ、音楽、および一般のオーディオ コンテンツに使用します。 ローカルでの再生にも適しています。 高品質のステレオ オーディオをコード化します。 単一チャンネルの ISDN 以上の接続を使用するクライアントを対象とします。

WMA 32Kbps
ファイル サイズ 38KB 帯域幅32.6Kbps WAVファイルの約1/37に圧縮
WMA V8 32 kbps, 44 kHz, stereo

ファイル サイズ 38KB 帯域幅32.6Kbps WAVファイルの約1/37に圧縮
WMA V8 32 kbps, 32 kHz, stereo

ファイル サイズ 38KB 帯域幅32.6Kbps WAVファイルの約1/37に圧縮
WMA V8 32 kbps, 22 kHz, stereo

エンコーダの説明よると
ダイアルアップモデム用オーディオ(56KBps ステレオ)
音楽コンテンツや、ラジオやミックス オーディオを含むコンテンツにも使用します。  ステレオ オーディオのみのコンテンツを符号化します。
ダイヤルアップ モデム接続 (56 Kbps 以上) を使用するクライアントを対象とします。

WMA 20Kbps
ファイル サイズ 24KB 帯域幅20.3Kbps WAVファイルの約1/59に圧縮
WMA V8 20 kbps, 32 kHz, mono

ファイル サイズ 26KB 帯域幅20.3Kbps WAVファイルの約1/55に圧縮
WMA V8 20 kbps, 22 kHz, stereo

ファイル サイズ 26KB 帯域幅20.3Kbps WAVファイルの約1/55に圧縮
WMA V8 20 kbps, 22 kHz, mono

ファイル サイズ 25KB 帯域幅20.5Kbps WAVファイルの約1/57に圧縮
WMA V8 20 kbps, 16 kHz, stereo

エンコーダの説明よると
ダイアルアップモデム用オーディオ(20KBps ステレオ)
音楽コンテンツや、ラジオやミックス オーディオを含むコンテンツにも使用します。  ダイヤルアップ モデム接続 (28.8 Kbps 以上) を使用するクライアントを対象とします。

MP3 128 Kbps
 ファイル サイズ 133KB 帯域幅128Kbps WAVファイルの約1/11に圧縮
MP3 128 Kbps, stereo

MP3 96 Kbps
 ファイル サイズ 100KB 帯域幅96.0Kbps WAVファイルの約1/14に圧縮
MP3 96 Kbps, stereo

MP3 80 Kbps
 ファイル サイズ 84KB 帯域幅80.0Kbps WAVファイルの約1/17に圧縮
MP3 80 Kbps, stereo

MP3 64 Kbps
 ファイル サイズ 67KB 帯域幅64.0Kbps WAVファイルの約1/21に圧縮
MP3 64 Kbps, stereo

MP3ファイルの変換には「午後のこ〜だ」を使用してエンコードしました。
単なる参考までにとどめておいてください。

コメント
比較してみると、やはり他の楽器の音に比べてドラム(特にスネアや金物)の音の差が目だつようですね。
WMA 48 Kbpsになると高音域を無理やり持ち上げている感じがします、 32Kbpsになると高音域はもうスカスカで定位もほとんど無くなっています。
ただ、低ビットレートでもそれなりに聴ける所は良いと思います。 曲調によっては48 Kbps でも充分な品質が得られるのでは無いでしょうか?

Back エンコーダが扱うファイル形式  Next Windows Media Player7でWMA変換



Home Top