Mediaエンコーダが扱うファイル形式

WAVE(WAV)をWMAへ圧縮変換し掲載配信する方法、Windows Media エンコーダでサポートされているファイル形式。

TopPage > Home > WAV to WMA 変換方法 > サポートされているファイル形式

Windows Mediaエンコーダが扱うファイル形式


エンコーダが扱うファイル形式
WMAへの変換にはエンコーダを使います、データ形式の変換を行う事をエンコードと言います、 逆に元に戻す事をデコードと言います。
但し、WMAやMP3など多くのエンコード方式は不可逆性で、 デコードして元の形式に戻すと言った事は出来ません。
これがプログラムの圧縮や表計算のデータ等ですと使い物にならないわけですが、 WMAやMP3などにエンコードした物は、それを完成品として流通できるわけですので不可逆性でも良いのです。
音楽や映像は人間が感覚的に評価する物ですから、 不可逆性にする事によってエンコード中に圧縮率に適した最適化を行う事が出来ます。

下記に Windows Media エンコーダ で利用できるファイル形式を示します。

Windows Media エンコーダでサポートされているファイル形式
形式拡張子
Windows Media*.wma、*.wmv、*.asf
Windows *.avi、*.wav
Moving Picture Experts
 Group (MPEG)
*.mpg、*.mp3
ピクチャ*.bmp


この中で出力(圧縮変換後)ファイルは[*.wma、*.wmv、*.asf]です。
入力(変換元)ファイルには、[*.wav、*.mpg、*.mp3、*.avi、*.wma、*.wmv、*.asf、*.bmp] などほとんどの形式が使えますが、入力ファイルにWMA,ASFやMP3等の既に圧縮されたファイルを使うのは、 特別な目的が無い限り品質的に好ましくありません。

出力ファイルのうち自分のホームページに音楽を掲載したいのであれば[*.wma]が適当です。
[*.wmv]は画像を含む場合です。
[*.asf][*.wma]の違いは、ファイル拡張子とサーバーのMIMEの種類だけで、 ファイルの基本的な内部構造は同です。

wmvファイルのMIME video/x-ms-wmv
wma ファイルのMIME audio/x-ms-wma
asfファイルのMIME video/x-ms-asf

利用するサーバーによってはWindows Mediaやリアルオーディオによる、 ストリーミング再生形式などのブロードバンドコンテンツを許可していないところも有るようですので、 そのようなサーバや回線の負荷を嫌う所は、将来の為にも最初から敬遠しておいた方が無難でしょう。

ジオシティーズなどでは禁止のはずです。

各社の音声エンコーダに興味のある方は えんこで音楽(Encode Music) が参考になります。

Back WMAファイルを採用した理由  Next WMAのビットレートによる比較試聴



Home Top