WAVE,WAVをWMA音声圧縮ファイルへ変換

ホームページにWMAで音楽を置く為にWAVE(WAV)をWMA音声圧縮ファイルへ変換、WMAやMIDIを掲載配信する方法。

TopPage > Home > WAV to WMA 変換方法



WAVE形式ファイルをWMA音声圧縮変換する方法
Windows Media エンコーダでサポートされているファイル形式
ビットレートの違いによる比較試聴
WAVファイルをWMAに圧縮変換する方法
Windows Media エンコーダを使ってWMAに圧縮変換する方法
Windows Media Encoding 8 Utility を使ってWMAに圧縮変換する方法
WMAやMIDIをホームページに掲載する方法

MacでWMAの再生は出来ますが、WMA形式への変換はエンコーダが無い為できません。

WMTはMicrosoftのWindows Media Technologies と言う不可逆性圧縮技術で動画や音声をWeb配信に適した圧縮ファイルに変換します。
Windows Media Audio (WMA)とはWMTの中の音声部分を扱ったファイル形式で、 体験はDemo Centerで出来ます。

WMAに関する情報はWindows Media Technologiesの各ページを辿ればすべてあります、 但し情報量が膨大である事と日本語訳が必ずしも適切でない場合があり、 実際に自分に必要な部分だけを切り出す為に相当の時間を消費させられます。
そこで自分で実際に行ったオーディオに関する圧縮変換のみに絞って説明をし、 Microsoftや他の必用なページを紹介して見たいと思います。

単にWAVファイルをWMAファイルへ変換したいだけなら WMA Encoder R4 (フリーウエア)を ダウンロードして利用させてもらうと簡単にWMAファイルが作成できます。
WMA Encoder R4 の配布は中止されている様ですが他にも捜せば変換ソフトは見付かると思います。
Vector:音声ファイル変換
林檎の木:音楽作成/抽出

WMA音声圧縮ファイルを採用した理由
当初このホ−ムページ開設にあたり用意した音声圧縮ファイルはMP3圧縮だったのですが、自分で許せる音質「128Kbps」だと 1曲のサイズが約1分当たり1MBytになってしまいます。
これでは普通の電話回線でインターネットに接続している人たちにとっては「その場で立ち去る」以外の選択は無 いのではないか?ましてや素人の作った知らない音楽とくれば聴いてくれる人など滅多にいないのでは?...

そこで他のWAV圧縮ファイル形式をいろいろ探して試してみた結果、今行なえる最善の策と思い、普及している Windows Media Playerで聴く事の出来るWMA圧縮オーディオファイルを採用することに決定しました。
何より開発元のマイクロソフトがメディアエンコーダを無料配布しているので、MP3のように特許権が問題になって、 無料のエンコーダの入手が困難になる事態も今のところ無さそうですし、 Windows Media Playerでの標準がブロードバンドによるストリーミング再生を意識して作られているからです。

WMAは後発のオーディオ圧縮方式の分、他の音声圧縮方式の欠点が改善されているようにも感じられます。
モバイル系の音楽プレーヤーもWMA圧縮ファイルを取り入れた物が増えましたし、WMA対応の携帯電話も開発されています。

Macでは再生用のソフトは有りますが、WMAに変換するエンコーダがまだ有りません、 もしMacに対応したWMAエンコーダをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非連絡してください。

Next Windows Media エンコーダでサポートされているファイル形式



Home Top