MIDI 製作に必要なDTM機材とMIDI機器

MIDI 作りを楽しむ為に必要なDTM機材を説明してみました。最低限ソフトウェアーとPCが有ればコンピュータ音楽を楽しめます。

TopPage > Home DTMやMIDIに付いて > DTMに必要な機材

コンピュータ音楽製作に必要なDTM機材(MIDI機器)


初めに
タイトルに「DTMに必要な機材」と書いていますが、 取りあえずMIDI製作を楽しむだけなら「機材」などという大げさな物は必要ありません。
最近はコンピュータの速度も向上し、ソフトウエア音源(一般にソフト シンセと呼ばれる)も質が良くなってきていますし、 初めから音源ICをサウンドカードに内蔵したPCも有るようです。

コンピュータ音楽を少し体験したい場合は、お手持ちのコンピュータ+ソフトウエア音源、 これにミュージック シーケンサー ソフト(統合したソフトウェア―製品も多くなった)が有れば取り合えずDTMを体験できます。
この場合ソフトウエア音源は良質な物を購入した方が良いでしょう。 コンピュータ購入時にインストールされている物は音質的に良いものでない場合が多く、 すぐに飽きてしまう事にもなりかねません。

コンピュータ
最近はコンピュータの性能も向上しソフトウエア音源が主流になってきましたが、 これらの音源や環境を快適に使いこなす為には処理速度の速いコンピュータが必要です。
さらにライン入力などのサウンド系がしっかりしたものが良く、後の拡張のためにPCIに空きが有る方が都合が良い場合もあります。
USB2.0 以降オーディオ信号を含め外部との通信はほとんどUSB端子経由で行われますので拡張性に関しては以前ほど気を使う必要は無くなって来ている様です。

どうしても押さえて置きたい部分はファンなどの騒音です。 音を扱う以上、騒音は邪魔以外の何者でも有りませんので、出来るだけ静音設計された製品を選びたい所です。

メーカー直販やネット通販で購入すると設置や初期設定などを自分で行う必要が有りますが、同じ値段でワンランク上の性能を持つPCを手に入れることが出来ます。

参考:  楽天 パソコン・周辺機器  Yahoo!ショッピング > コンピュータ

コンピュータの内部で一番うるさく感じるのはCPUや電源のファンの騒音です。 これらを静音設計された物に交換すればかなり静かにはなります。
但し、あくまでも自己責任で交換できる方のみが対象です。

DTM音源
ただチョット聴くだけでしたら質の良いソフトウエアー音源でも良いのですが、 音質や発音タイミングがコンピュータのパワーに左右されます。
本格的に打ち込みを行いたい場合には、やはりハードウエアー音源が望ましいでしょう。

シーケンサー ソフトと音源がセットになったパッケージも市販されています。
こちらの方は、ソフトと音源を単独に買うより割安になっているようです。

現在ではPCの性能も向上しソフトウェア音源やDAW(デジタルオーディオワークステーション)製品が主流となりどのメーカーもDTM専用ハードウェア音源の新規開発を行っていないのが現状です。
数万円で購入できるDAWソフトでもMIDIの編集はもちろんオーディオの録音と高度な編集がプロ並みにできてしまいます。
USBオーディオ機器と組み合わせればMIDIだけではなくボーカル等の生音も扱えますので音楽に関する統合環境を手に入れたのと同じ事になります。

MIDIシーケンサーソフト
DAWソフトの低価格化と普及によりMIDIシーケンサー単独で使われる機会は少なくなって来ているのではないでしょうか?
MIDIシーケンサーと呼ばれる製品でもオーディオを扱えるのが当たり前になってきていますのでDAW製品との垣根は微妙になってるのか…

MIDIシーケンサーはフリーソフトを含めて沢山種類が有りますが、使いやすさの点では音源メーカーが推奨するものを使用するのが簡単でしょう。
YAMAHAの場合ですと XG Works STSol2 です。
打ち込みに関してはもっと良いものは沢山有りますが、XGのエフェクターや音色の加工などはこれが無ければどうにもなりません。

先にハードウエアー音源が望ましいと書きましたが、 コンピュータの性能が向上した現在ではソフトウエア音源とシーケンサソフトを組み合わせた物やDAWソフトでも高品質な音源を搭載した製品がアマチュアにも手の届く価格で発売されています。
これら音源のパフォーマンスはコンピュータの能力(主にCPUの速度)に左右されます。 可能であれば出来るだけ高速のCPUを搭載した機種が望ましいでしょう。

参考: Yahoo! MIDIシーケンサ ソフト
Amazon MIDI音楽製作ソフトウェア
Amazon DTM 関連ソフトウェア

参考: DAWアプリケーション 
Cakewalk SONAR メーカーサイト
Yahoo!ショッピング SONAR(DAWソフト)
Yahoo!ショッピング ローランド SONAR HOME STUDIO 6 XL

参考: オールインワンミュージックツール フックアップ
FL STUDIO 6 PRODUCER EDITION
FL STUDIO 6 XXL EDITION

参考: コンピューター・ミュージック・パッケージ
Roland ミュージック・クリエーター
amazon ミュージック・クリエーター Pro2 参考価格
Yahoo!ショッピング ミュージック・クリエーター 参考価格

オーディオを扱いたい場合は USBオーディオキャプチャー 等も必要

MIDIキーボード
既にMIDIアウトの付いたキーボードや電子ピアノ等をお持ちでしたらそれで充分です。
無くても良いのですが和音の確認などをしてみたい時は必要です。
キーボードの演奏ができてリアルタイムでの録音をしたい場合は上質なものが必要です。

いずれにしても後からの編集でエクスプレション、モジュレーション、ピッチベンドの入力と デュレーション(発音の長さ)やベロシティーの修正と発音タイミング合わせ等が最低限必要になります。
これらの編集を細かく行わないとピアノソロのリアルタイム録音とか以外DTMではマトモに聴いてもらえる音楽は作れません。

シンセサイザーを内蔵したキーボードもあります。 この内蔵音源とシーケンサーソフトのみで曲を作る事もで来ます。

DAWアプリケーション等ソフトウエア音源のみで構成する場合はキーボードとコンピュータを接続する為に USB-MIDIインターフェースが必要となる場合があります。
現在発売されているキーボードやシンセサイザーにはPCとの接続を容易にするUSB Hostインターフェースを備えた製品が多くなっています。 DTM目的の機材として今後新しくキーボードの購入を考えるのであれば迷わずUSB Host端子の備わった製品を選ぶべきです。

参考:
Yahoo!ショッピング MIDI キーボード  シンセサイザー
Yahoo!ショッピング USB MIDI インターフェース
楽天市場  キーボード・シンセサイザー
Amazon MIDI キーボード
Amazon USB MIDI インターフェース
Amazon Roland UM-1X USB MIDI インターフェース・ケーブル

モニター
スピーカーやヘッドホンですが、絶対に必要なのは質の良いヘッドホンです。 高くても2万円程度です。
スピーカーでは深夜にガンガン鳴らす事は恵まれた環境の人以外一般的に困難でしょう。
長時間使っても耳が疲れない スタジオモニター用ヘッドホン、 なども良いでしょう。

スタジオでモニターに使うスピーカーはとても高価ですが、少し高級なデスクトップ用のスピーカーでもDTMのモニター用には使えます。 RolandやYamaha等は古くからDTMを意識したデスクトップ用のスピーカーを発売をしています。

参考:
Yahoo!ショッピング スタジオモニター ヘッドホン  Roland デスクトップ・スピーカー
Amazon モニターヘッドホン

その他DTMで使えそうな機材
MIDIインターフェースやUSB Hostインターフェースを備えた機器はどんな物でもアイデア次第でDTM機材に応用できます。
更にコンピュータの性能が向上した現在では、アマチュアでも簡単にプロ並のオーディオ録音編集が出来る低価格の製品が発売され、 表現の自由度が増しています。

参考:
Amazon PC周辺機器・MIDI
Yahoo!ショッピング コンピュータミュージック  MIDI関連機器  USBオーディオキャプチャー
楽天市場  デジタルレコーディングツール
石橋楽器店 シンセサイザー&DTM

Back DTMやMIDIに付いてまとめ Next ディレイタイムの計算


Home Top